ミステリ_本

ポケミス再読 ブランドの悪意「はなれわざ」

クリスチアナ・ブランド「はなれわざ」再読

コックリル警部を含めてイギリス人がサン・ホアン・エル・ピラール島に観光に行って。。。
そこで、恋愛のもつれとか(男は既婚者:夫婦できている)とかとか

で、殺人事件が起こる。
(犯人ひどいやつだけど(ゆすりとかする)しかし、あそこまで叩くかね。。と思いました。(さすがブランドの悪意と思っちゃう)

何度読んでもわかりにくい→多重構造で、よくできてはいると思いますが。

最大の難点は、渦中の男「レオ」が、そこまでの男なのか?ってことかもしれない。
レオはもとピアニスト→事故で片腕:自暴自棄。妻は金持ち。レオは浮気をしてはいつも妻のところに戻ってくるタイプ。

それが、もしかして真実の恋に落ちた?なんだけど。

並行して描かれるのが、金持ちの老嬢(死語):ミス・トラップと彼女にいいよるイケメンの現地ガイド:フェルナンドー(金にこまっている)
→周囲は典型的なパターンと思うが、金持ちの女性と思われていたのは、実は長年おつかえてしていたご主人からひまをだされて召使。
ご主人はお金があるので、ミス・トラップすら信用できなくなり、暇を出す。旅行に行くとよいとお金をくれて、高級はカバンも貸してくれる→お金もちと間違われる。(服もご主人の昔の服)

ミス・トラップは「人から必要とされる」ことがうれしい。フェルナンドーを愛していないけど、彼を助けたいとお金をあげる。
ミス・トラップとしては、恋愛のためにお金を出したわけじゃない。でも、それがフェルナンドーにとっては、自分を「女たらし」の道から正道に戻してくれたと感激。ミス・トラップと結婚したいと言う。

うまくいくのだろうか?と読者におもわせつつも、あの殺人事件を帳消しにする二人の人生があってもよいとおもったりさせる。
ミス・トラップは、恋愛で夢中になってお金をつぎこんだわけじゃない。彼をそういう意味で愛しているのではないから、かえって、幸せになれるかもしれない。

ミステリとしてより、読物だなと思います。

しかし、ブランドの登場人物たちは、一癖も二癖もある。毒があるんですよね。
クリスティだったら、この恋愛のもつれの殺人も悲劇とかそのからの再生とかを描くかなと思うんですが、
ブランドの描く「レオ」は相変わらずの気がします。たぶん一番あいしてるのは妻というお決まりのパターンかも。

うまいけど、一度読むと、数年は読まないのが私にとってのブランドだったりします。

 

 

| | コメント (0)

ポケミス「13のダイヤモンド」 「コリンズ氏を知っているか」って、そうね・・・知らないかも

ポケミス「13のダイヤモンド」クライム・クラブ創立60周年記念アンソロジーを再読(ネタバレしているのでご注意ください)

 

一番印象的だと思っていたのは「コリンズ氏を知っているか?」サラ・コードウェル
過去にほかで読んでいる気になっていましたが、ミステリマガジン以外にはないようでした。

「コリンズ氏」→かなりの人が「高慢と偏見」のコリンズ氏を連想するのではないでしょうか?
このコリンズ氏は違います。
話としては、20才の文学を好む女性:アマンダが、父(母とは離婚)の事故死で遺産を受ける。そのタイミングが(父が再婚・新婚旅行で後妻とともに事故死)というアマンダにとって、かなり有利だったことで、でも、彼女がそんな法律的なことを知るわけがないと周囲は思う。
→探偵役?は思う、アマンダは文学を研究しているからウィルキー・コリンズの「無名」という作品を知っていたのではないか(父親の再婚で遺言証が無効になる)と思う・・という話なんです。
「コリンズ氏」はウィルキー・コリンズだったわけでした。ふーむとおもいました。

他で気になったのは「ぶらさがっている男」ロバート・バーナード
妻に浮気されて捨てられた男:パウエル氏が首つり自殺→現場が不自然(他殺?)→パウエルは自殺したけど、保険金を妻に渡したくて、友人に(自殺の痕跡を消してもらうことにしていた)→夫が自殺しては保険金がもらえないと思った妻は、恋人に自殺の後を消してもらおうとして・・・という二人がいたということ。
人生に絶望して、せめて妻に保険金を渡したかったが、欲にかられた妻が・・・という オチなんだけど、悲しい話でした。

「ネメシス」アンシア・フレイザー
私作者をアントニア・フレイザーと勘違いしていて、ずいぶん作風が違うなと思って読んでいて、あとで気が付きました。

アンシアの方はこの1篇しか翻訳されていないようでした。
私:スーザン・スミスは図書館勤め。おそらくおとなしめのハイミス(死語) 図書館でジェフ・マーティンという男性と知り合い(スーザンは好意を持つ)ジェフは下宿をさがしえいて、スーザンが紹介し、親しくなる。
ジェフは「スミス」という平凡な姓をほめる→ジェフは「ハリー・ペル」という知り合い(殺人者)から逃げ続けているという。
スーザンとジェフは結婚して、「スミス夫妻」となる。引っ越しを続けても、ジェフはしばらくすると「ハリー」と出会い二人は引っ越しを続ける。スーザンは、自分が警察に行くというとジェフはとめて、二度と僕に会えなくなると止める。
ジェフはだんだんやつれ、あるひ「すまない」の書置きを残し失踪→自殺
スーザンは警官に、犯人はハリーというが、警察は自殺という。スーザンは夫の書類入れをあけ、ジェフが「ハリー」だと知る。

このパターンは良くあるような感じですが、とても、シンプルですっきりしていてよかったです。

この本も絶版になってしまってますが、読んでみると面白いのではと思います。

 

 

| | コメント (0)

ロバート・℉・ヤング「時を止めた少女」を読む

ヤングの「時をとめた少女」を読みました。

「わが愛はひとつ」
主人公が100年の冷凍睡眠(刑罰)で、最愛の妻と別れなくてはならなくなって
妻は彼にあうために・・・という話なんですが。(日本独自短編集とのこと)

私、この短編を読んだことがある気がする。
でも、この短編集は読んでいない(はず)

WEBの翻訳リストには、雑誌以外には、本がでていないことになっているけど・・・

どこで読んだんだろうなとおもっています。

| | コメント (0)

忘れられた名作「姿なき招待主」

「姿なき招待主」
クリスティーの「そして誰もいなくなった」に先駆けて、匿名の招待主から「謎のパーティ」に招待された9人の客。
豪華なペントハウスの「密室」で、客が次々と殺される・・・

よかったです。
古めかしい感じで、クリスティとは違って、招待客たちは知り合い。(仲良し?も敵対しているものもいる)
で、部屋に仕掛けがある → いろいろと「古い」部分はありますが、「昔風で楽しい」感じです。

おすすめします。

 

| | コメント (0)

「ザリガニの鳴くところ」きちんと?再読

「ザリガニの鳴くところ」→書評の評価が高かったので、早い段階に、図書館本をざっと読み(あとで、ちゃんと読めばよかったと後悔)
夫が電子書籍を購入→電子が苦手なので、放置→後に電子で再読。

最近、文庫が図書館に入ったので、借りて、ちゃんと?読みました。
やはり、電子より紙の本が好き。
忘れてた部分もあって、ああ、こういう作品だったんだなと思いました。

 

 

| | コメント (0)

ウィンストン・グレアム「消えた妻」The Sleeping Partner

リーダースダイジェストのウィンストン・グレアム「消えた妻」
これは、たぶん翻訳が出ていないのでは?という本です。

今、入手できないので、内容を紹介します。(あくまで「要訳」)

・主人公:マイケル・グランビル(科学者:原子力関係)ケント州にいる
・妻:リン(たぶん派手な感じ)ロンドンで華やかな生活をしていた

マイケルが帰ると、妻がいない。置手紙がある
妻の母に電話:いない→妻の友人(リンの元雇い主:サイモン舞台関係)とかピアニスト:レイに聞くが「知らない」
そのうちにリンから「別れたい」という手紙が来る。

マイケルはリンを探すが、行方が分からない。
そのうち、リンから、マイケルが職場のステラと浮気をしているので、離婚するという訴えがでていることを知る。

ステラ→とても優秀な研究員(マイケルはステラとは浮気していない)

ステラの夫は病気、マイケルがステラの夫:ジョンと会う(とても年上の男性と思うが、実は高名な科学者で、仕事のせいで白血病になり、余命わずからしい)

マイケルとステラは恋におちる。
一方、リンの死体が地下室で見つかる→当然、マイケルが容疑者になる。

必死に逃げるマイケル→そんななかステラの夫:ジョンは、マイケルの無実を信じて、協力する。
→結果として、犯人はレイ
 リンはもともと、派手好きで恋多い女タイプ。
 レイが好きだった(レイがお金持ちの女性と付き合っているのに嫉妬したはず)
 →離婚の時に、マイケルから多額のお金をとって、レイと一緒になるつもりだった
  レイは、リンは好きだが、「お金」のほうが好き、結婚するつもりはなく、喧嘩→リンが死んでしまう。

  いろいろ(ジョンの推理もあって)マイケルの容疑がはれて、レイは自殺

最後に、マイケルは仕事のために(自分が行かなくてもいいかもしれない)海外の工場に行く決心をする。

(ジョンの具合がかなり悪いらしく)自分はやがてステラと再出発するだろうという感じ。

 

こう書くと、とっても簡単?なストーリーのような。

おそらく原作では、リンの性格とか、マイケルとステラの葛藤とかあるんだろうけど、とは思います。

 
  

 

 

 

 

| | コメント (0)

リーダーズダイジェスト名著選集 (いまあるやつ その1)

リーダーズダイジェストは、原題や作者名が きちんと記載されていないことが多い?ので、
手元にあるものについて、わかる限り記載します。
体裁が整っていないのではご了承ください。
また、作者名が書かれていないのもありました。
挿絵はかなり凝っているものもあります。
「名著選集」には、最初にあらすじ?(内容紹介)があり、最後に作者の紹介があることが多いのですが、
あとに出てくるベストブックス、ダイジェスト選集には、そういった紹介がないんです。
訳者も挿絵の情報もありません。
できれば、記録?を残しておこうと思いました、

正直、本の痛みが激しいので、一読したら手放す予定です。
以下に記載するのは、本の本体に巻数が書いていないもの(あとに、巻数があるものがでてきます)
今も読める有名な作品は、原題とか作者とか省略するものがあります。

=============
・ものまね鳥を殺せば  ハーパー リー(アラバマ物語)
・冬の歌(The Winter of Our Discomgent) ジョン スタインベック
・メスの勝利(The Triupph of Surgery)  ユールゲン トールバルト(Jurgen Thorwald)
・チップス先生さようなら (略)

・ハワイ創世記(HAWAII)  ジェームズ A・ミッチェナー (James A.Michener)
・裏街の少女(An Episode of Sparrows)   ルーマー ゴデン(Rumer Godden)
・町の新聞は戦った(The Northern Light) A・J・クローニン(A.J.Cronin)
・白い部屋(The White Room)  エリザベス・コーツワース

・くたばれヤンキー (The Year The Yankees Lost The Pennant)  ダグラス ワロップ(John Douglass Wallop)
・さよなら僕の愛犬(Good-bye,My Lady)   ジェームズ ストリート(James Street)
・おとなしかった殺人鬼(Tether's End) マージャリー アリンガム (Margery Allingham  (殺人者の街角)
・美しいものを求めて(A Thing of Beauty)  A・J・クローニン(A.J.Cronin)  (美の十字架)

・愛犬ロボ物語(Lobo)    マッキンレー カンター(Mackinlay Kantor)
・西部への道(The Way West)     A・J・ガスリー二世( A B Guthrie Jr.)
・ハリス夫人パリへ行く  ポール ガリコ  (略)
・醜いアメリカ人 (The Ugly American)  ウィリアム レダラー ユージン バーディック
 (William J.Lederer and  Eugene Burdick)
・殺人犯の顔を見た少女(Murder On My Street)  エドウィン ランハム(Edwin Lanham)

・牧場の貴婦人(The Lady) コンラッド リヒター(Conrad Richter)
・ナチを出し抜いた男(The Counterfeit Traitor) アレキサンダー クライン(Alexander Klein)
・ダンバー家の抵抗(Drunbar's Cove)  ボーデン ディール(Borden Deal)
・わらの女(略)

・親子新聞社奮闘記(Minding Our Own Bisuness)  シャーロット ポール(Charllote Paul)
・海の彼方の遺産を追って(Trustee From The Toolroom) ネビル シュート(Nevil Shute)
・僕のほのぼの時代(The Days Were Too Short) マルセル パニョール(Marcel Pagnol)
・宇宙飛行のテストパイロット(The Big X) ハンンク サールズ(Hank Searles)

・タンツァ号の航海(The Tunsta)  エリザベス M.マッケイブ、 テッポ ツーレン
・運命の九時間(Nine Houts to Rama)  スタンレー ウォルバート(Stanley Wolpert)
・芦屋からの飛行(Flight from Ahiya) エリオット アーノルド(Elliott Arnold)
・ボルネオの密林に挑む(The Spiral Road) ヤン デ ハルトック (Jan De Hartog)

・ジャングルの妖術師(Duel With A Witch Doctor) ヤン デ ハルトック(Jan De Hartog)
・運命という名の猟人(Fate is The Hunter) アーネスト K・ガン (Ernest K.Gann)
・ユダの木(The Judas Tree) A・J・クローニン(A.J.Cronin)
・天才の父と暮らせば(A Genius In The Family) ハイラム パーシー マキシム(Hiram Percy Maxim)
・西部の道(Trail to Alilebe)  ジョン H・ カルプ(John H.Culp )

・ハリス夫人ニューヨークへ行く(略)
・虹とバラ(The Rainbow and The Rose) ネビル シュート(Nevil Shute)
・イブの三つの顔(The Three Faces of Eve)コーベット H.シグペン、ハービー M.クレックリー
  (Corbett H.T.Thigpen and Heavey M.Cleckley)
  …「イブの3つの顔」白楊社より発行の記載あり
・鮫と小魚(Sharks and Little Fish) ヴォルフガング オット
  …「鮫と小魚 角川書店より発行の記載あり

・原始林に挑む(Strangers in The Forest)   カロル ブリンク(Carol Brink)
・ソロモン王の指輪(略)
・シチリアの豹(The Leopard) ジュセッペ ディ ランベズーザ (「山猫」)
・消えた妻(The Sleeping Partner)ウィンストン グレアム(Winston Graham)→別に書きます。

・おじいさんは死なない(Jeremy Todd)  ハミルトン モール(Hamilton Maule)
・フィレンツェの恋(The Light In the Piazza)  エリザベス スペンサー(Elizabeth Spencer)→これも別に書きます。
・誇り高き夏(Summer of Pride) エリザベス サベージ(Elizabesh Savage)
・謎の女マーニー(Marnie) ウィンストン グレアム(Winston Graham)

■第一巻
・尼僧物語(The Nun's Story)  カスリン ヒューム(Kathryn C.Hulme)
・私の知っていた楽しい中国(The China I Knew) パール S.バック(Pearl S.Buck)
・私は奇怪な替玉に使われた(The Scapegoat)  ダフネ デュ モーリア  (美しき虚像)
・ヨーロッパ道中膝栗毛(Bon Voyage) ジョーゼフ ヘイズ マジェーヌ ヘイズ(Marrijane and Joseph Hayes)

■第三巻
・真昼の暗黒を超えて(Beyond This Place)  A・J・クローニン(A.J.Cronin)
・孤島のビーナス作戦(Island Rescue)  ジェラード チッケル(Jerrard Tickell)
・バビロン行き始発列車(First Train to Babylon)     マックス アーリック(Max Simon Ehrlich)
 …これは別なリーダースダイジェストにも収録されています。
・ダブ先生お早よう(Good Morning、Miss Dove) フランセス グレー パットン(Frances Gray Patton)
 …日本訳”ダブ先生こんにちは” 大久保康雄 訳 新潮社発行 の説明あり

■第四巻
・ホッブスさんの夏休み (Mr.Hobbs’ Vacation)  エドワード ストリーター (Edward Streeter)
・燃え上がるアフリカの魂 (The Tribe That Lost Its Head) ニコラス モンサラット(Nicholas Monsarrat)
・いとしのカレン (Karen)     マリー ライオンズ キリリー(Marie Lyons Killilca)
・雄を食う蜘蛛のような女  パトリック クェンチン (女郎蜘蛛)

■世界ベストブックス
・わたしは獣医(All Creatures Great and small)  ジェームズ・ヘリオット(James Herriot)
・エプロン亭主奮闘記(THe Kitchen Sink Papers:MY Life As a Househusband) マイク・マクグレーディ(Mike McGrady)
・これが極北だ(This was The North) アントン・マネー/ベン・イースト(Anton Money with Ben East)
・原子炉が溶ける!(We Almost Lost Detroit) ジョン・G・フラー(JohoG,Fuller)

■ダイジェスト選集
・楽園に生まれて(Born In Paradise) フォン テンプスキー (Armine von Tempski)
・皇太子と私(Windows For The Crown Prince) エリザベス ヴァイニング(Elizabeth Gray Vining)
・白光に輝く天才(Incandesent Genius)  C・B・ウォール(C.B.Wall)
・コンチキ号漂流記(Kon Tiki) トール ヘイエルダール(Thor Heyerdahl)
・一ダースなら安くなる(Cheaper By The Dozzen) F・B・ギルブレス二世 A・ギルブレス ケァリー
 (Frank B.Gilbreth,Jr   Ernestine Gilbreth Carey)
・一天才と共にした冒険(An Adventure With A Genius) アレイン アイルランド(Alleyne Ireland)
・草原に生きる(Little Britches) ラルフ ムーディ(Ralth Moody)
・天から降ってきた一セント(A Penny From Heaven) マックス ウィンクラー(Max Winkler)
・秘境に降りた婦人部隊(INS特別読物よりようやく)  M・ヘースティングス(Corporao Margaret Hstings.WAC)
・名犬物語(Dumb-Bell And Others)  ジョン テインター フット(John Tainior Foote)
・死よ驕るなかれ(Death Be Not Proud)  ジョン・ガンサー(John Gunther)
・私はモンドゴメリー元帥の身代りを演じた(I Was Monty's Double)  クリフトン ジェームズ(M.E.Clifton James)
・新米おやじ活躍記(Full Of Life) ジョン ファント(John Fante)
・卵と私(The Egg And I)   ベティー マクドナルド(Betty Mac Donald)
・海のロマンス(The Sea Around US)  レーチェル L・カーソン(Rachel L.Carson)
・トレーラー自動車放浪記(Long,Long  Trailer)  クリントン トゥイス(Clinton Twiss)
=============

とりあえずのご紹介です。何かの参考になれば・・・
ここから、翻訳が出ているのを読むってルートに行くもの(翻訳あるの少ないですが)あります。

ちなみに、ウィンストン・グレアム「消えた妻」たぶん 翻訳が他にでていないような・・・

| | コメント (0)

ちょっとリーダースダイジェストにトライする

知り合いからリーダースダイジェスト(名著集?)を譲り受けました。(といっても私も読んだら、処分前提ではあるのですが)

リーダースダイジェストについては、要訳なので(訳者不明)題名、作家が、現在、出版されている本と関連が難しいところがあります。
あと、書誌情報もあまりなくて。
何回か?販売されているらしく、巻数とか収録作品もよくわからなかったりするので、
ミステリだけでもトライという気持ちです。

そのうちご報告します。

ちなみに「謎の女マーニー」がありました。

 

| | コメント (0)

ウィンストン・グレアム「マーニー」図書館2館でやっと読了

最近のお気に入りウィンストン・グレアム

以前「マーニー」を会社の近くの図書館で読んだんですが、ラスト1ページの途中が破れていて(話は分かったんですが)もやもやが残りました。
その破れ方って、よく考えるとちょっとミステリみたい。
それこそ、最後の一文だけ読めない。


地元(といっても遠い)の図書館で本を検索したら、「マーニー」がある→借りて読み、やっと「読了」しました。
自分でも忘れていましたが、数年がかりです。

「小さな壁」が出版されなければ、思いかえすことなかったかもしれません。

ちょっとした出会いでした。

 

 

 

| | コメント (0)

懐かしきサスペンス「小さな壁」ウィンストン・グレアム

映画「マーニー」の原作者として有名なウィンストン・グレアムの「小さな壁」(論創海外ミステリ)を読みました。
結構一気読みしてしましした。

内容としては、兄の自殺に疑問を持つ青年が、自殺の原因を知っているかもしれない女性:レオニーを探して、カプリ島に行き・・・・

とても映像的な感じで話が始まります。
新刊なので、これ以上内容にはふれませんが、なんとなくヒッチコック映画を連想させるような感じでした。

 

古き佳き時代のサスペンスという感じです。

悪は存在するのですが、なんというか、最近の暴力や、陰惨なミステリとちがって、論創海外ミステリはそこがいいんです。

おすすめします。

 

自分のブログを見直すと、結構、グレアムの作品について書いていました。読むとクセになる作家ではあります。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧